料金表

審美歯科

支台築造 コア
ファイバーコア10,000円
ゴールドコア30,000円 
詰歯 インレー
ハイブリット28,000円
オールセラミック(e.max) 40,000円
ゴールド40,000円
被冠 クラウン
メタルボンド(コバルトクロム)
メタルボンド(白金加金)
58,000円
80,000円
オールセラミック(e.max)
オールセラミック シェード入り
70,000円
80,000円
 
ジルコニア100,000円 
ゴールド90,000円
義歯 総義歯デンチャー 部分義歯パーシャル
ノンクラスプ(1床)90,000円~
コバルトクロム(1床)180,000円 
パラジウム(1床)200,000円 
チタン(1床)260,000円
  • 義歯の上下同時治療の場合は、30,000円引きとなります。
審美・予防処置・検査・クリーニング
フッ素
フッ素イオン導入
0円
1,000円
 
TEK(仮歯)1,000円 
ホワイトニング
(追加)
オフィス1回
ホームジェル 1本
トレイ再作製
18,000円
 
5,000円
1,500円
1,500円
ラミネートべニア
シェード入り
80,000円
90,000円
 

矯正歯科

相談
初診・相談料無料
装置料
部分矯正90,000円~
基本的に片顎36万円、1/3顎12万円、少数歯(1歯反対咬合など)9万円程度となります。
 
Ⅰ期治療費360,000円~
Ⅱ期治療装置料(上下:表側)720,000円~
白ワイヤーにすると上下+4万x2
永久歯交換完了前の成長期の矯正治療をⅠ期治療、永久歯列期以降のエッジワイズ治療を基本とする治療をⅡ期治療とします。
 
Ⅱ期:舌側矯正(上:裏側、下:表側)1,010,000円~
Ⅱ期:舌側矯正(上下:裏側)1,300,000円~
Ⅱ期治療開始前にⅠ期散ろう・部分矯正・保健等を行った場合は、Ⅱ期治療費から相当分の治療費(調節料・観察料は除く)を差し引きます。
 
透明マウス装置420,000円~
透明マウス装置の費用は、片側あたりの料金です。上下で行う場合はそれぞれに費用が発生します。
調節料
調節料5,000円~
観察料2,000円~
その他の料金
保隙装置20,000円~
矯正用ミニスクリュー30,000円/本
  • 精密検査及び診断費用は装置料に含まれます。ただし、診断後に治療を開始されない場合は精密検査料として38,000円が必要となります。

インプラント

CT撮影料17,000円
診断料0円
手術料250,000円
点滴(静脈内鎮静法)70,000円
上部補綴物
(歯冠の部分。冠の種類によって費用が変わります。)
50,000円~100,000円
ソケットリフト50,000円
サイナスリフト150,000円
骨造成
S(少量)
M(中量)

50,000円
100,000円

自費診療のお支払いは各種クレジットカードに対応しております

*保険診療のお支払いは現金のみになります。
その他 医療費控除につきましては下記をご覧ください。

医療費控除とは

自分や家族の病気・怪我などにより医療費を支払った場合は、確定申告を行うことで一定の金額の所得控除を受けることができます。このことを医療費控除といいます。
1年間(1月1日~12月31日)で支払った医療費の総額が、ご家族で年間合計10万円を越える場合、または確定申告される方の後継所得の5%を超える場合)、医療費控除を受けることができます。
※医療費控除の対象上限金額は1年間で200万円までです。

歯科医院における主な医療費控除の対象

矯正治療

  • 保険診療
  • 自費治療(インプラント治療・セラミック治療・矯正治療など)
  • 通院や入院のための交通費(電車やバスの移動が困難な場合のタクシー代など)

【対象外のもの】

  • ホワイトニング治療
  • 歯ブラシや歯磨き粉など物品購入費
  • 歯科ローンの金利・手数料

※医療費控除の対象になるかどうかは、詳しくは最寄りの税務署でご確認ください。

手続きに必要なもの

  • 確定申告書申請用紙(税務署のHPからプリントアウトすることで入手出来ます。)
  • 医療費に関わる領収書やレシート
  • 交通費の領収書または詳細な記録
  • 源泉徴収票(給与所得がある場合)
  • 還付金を振り込んで貰う銀行口座の通帳もしくは口座番号情報

尚、申告方法は申請用紙を記載した上で上記書類等を全て用意し、自分の住所地を管轄する税務署を訪れて提出すれば手続き完了です。